たまりば

  車・バイク・乗り物 車・バイク・乗り物  羽村市 羽村市

マフラーのEST(オフィシャルサイト)
ESTは自動車工学・材料・機械工学の最先端を行くメーカーです。あなたの愛車だけの特注製品も相談にのります。特に燃費向上のマフラーやインナーサイレンサーについては詳しく研究しております。

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

突然でしたが

先週、スカイライン産みの親である桜井真一郎氏が亡くなりました。

08年に亡くなった、トヨタのパブリカ・カローラの開発責任者であった

長谷川龍雄氏に続いて、日本の自動車工業の創生期を築いた重鎮を

相次いで失う事となってしまいました。

先日もこの欄で書きましたが、今の日本の車づくりが、どんどん没個性化

していく中で、大変象徴的であります。

ご冥福を、お祈りいたします。  


  • 2011年01月24日 Posted by 寺田 孝 at 19:28Comments(0)

    そもそも自動車メーカーは

    すべての車に、いろいろな装備をつけすぎです。

    それは、昭和50年代前半、ターボエンジンの登場により始まりました。GT車や車重の

    重い車なら分かりますが、その当時売れていたシビック・ファミリア・ミラあたりにターボエンジン

    を載せて来たのにはビックリしました。  その結果没個性車のオンパレードになっていくので

    した。 現在で言えば、軽自動車から大型乗用車まで同じように電子機器をこれでもかとばかり

    に搭載してコンピューター制御する必要性があるのでしょうか。

    若い世代の車離れが言われていますが、自動車メーカーの利益優先の結果、車両価格が

    ハネ上がった影響も大きいはずです。 結局、自動車メーカーは自らの首を絞めているとしか

    思えないのです。創生期の人達に比べ発想の貧困さを強く感じるのは、私だけでしょうか?。  


  • 2011年01月20日 Posted by 寺田 孝 at 19:59Comments(0)

    新しい一年が

    新しい一年が始まりました。 今年一年で自動車を取り巻く環境は大きく変化し

    変革の年となりそうです。  ハイブリッド車が大きく台頭し、電気自動車が追随する

    流れは、さらに進んで行くと思われます。

    地球温暖化要因に与える、自動車の排気ガスの影響は僅か3%程度なのですが

    新車販売増だけを目的に突き進む自動車メーカーが エコを謳ってその流れを

    作りつつあります。 今後自動車はさらに画一化され、個性の無い車のオンパレード

    になっていくでしょう。  この流れの中で私は、自動車とは全く違った分野で新たに

    画期的な製品を開発しました。 皆様お楽しみにお待ちください。  


  • 2011年01月12日 Posted by 寺田 孝 at 19:18Comments(1)