たまりば

  車・バイク・乗り物 車・バイク・乗り物  羽村市 羽村市

マフラーのEST(オフィシャルサイト)
ESTは自動車工学・材料・機械工学の最先端を行くメーカーです。あなたの愛車だけの特注製品も相談にのります。特に燃費向上のマフラーやインナーサイレンサーについては詳しく研究しております。

乗り物酔いを防ぐーⅡ

車酔いは、頭蓋骨の共振による、軽い脳震盪である事と、その対策方法を前回

書きましたが。  困るのは、他人の車や公共の乗り物に乗った時の対処方法です。

その場合は、車自体に手を加える訳にはいきませんので、自身の頭蓋骨の共振を

吸収しなければなりません。  アイデアとしては、薄いスポンジ状の軟らかい物を

挟んでハチマキを巻く、 あるいわ少し厚手の帽子をかぶる等が有効です。

又、座席が固いと尾低骨・背骨を通して振動が来ますので、軟らかい座席の工夫も

した方が良いでしょう。

乗り物酔いを起こしては、せっかくの旅行も台無しです。事前によく対策を

考えておいた方が良いとおもいます。  


  • 2010年12月21日 Posted by 寺田 孝 at 19:27Comments(0)

    車酔いを防ぐには

    年末年始、ロングドライブをする方も多いと思います。  車酔いの原因は振動による

    頭蓋骨の共振で、脳震盪を起こす事ですから、主にマフラーの振動を抑えれば

    解消します。

    センターパイプにグラスバンテージを巻くのは、最も手軽にできる対処法の一つです。

    センターパイプの振動によって車の床板が共振し、室内の空気が振動するのが原因

    ですから、パイプの振動を吸収してしまえば良いのです。  グラスバンテージを巻くと

    排気ガスが急速に冷えて排気圧力が低下する事も防ぎますので、馬力換算で

    6~8馬力アップも期待できます。  


  • 2010年12月13日 Posted by 寺田 孝 at 19:40Comments(0)

    乗り物酔いは

    先日、知り合いの方が乗り物酔いが酷いので、病院に相談に行ったところ

    「気の持ち様だ」とか、「要するに、慣れだよ慣れ」と面倒くさそうに言われたそうです。

    笑ってしまいますね。  乗り物酔いと言うのは車の場合、エンジン若しくはマフラーの

    振動によって、頭蓋骨が共振を起こして軽い脳震盪を起こしている状態の事なのです。

    一般的に、子供や女性の場合は頭蓋骨が薄いので、男性に比べて酔い易いのです。

    子供の時に遠足等でバス移動する時など、バスは概ねリヤエンジンなので、前の方の

    運転席の近くに座るとエンジンから遠ざかる事になり、振動の影響が小さくなるので

    酔いづらくなるのです。  何の分野によらず、きちんとした理論を持っていない人に

    限って、精神論やら、訳の分からない へ理屈でごまかそうとするものです。  


  • 2010年12月06日 Posted by 寺田 孝 at 20:37Comments(2)