たまりば

  車・バイク・乗り物 車・バイク・乗り物  羽村市 羽村市

マフラーのEST(オフィシャルサイト)
ESTは自動車工学・材料・機械工学の最先端を行くメーカーです。あなたの愛車だけの特注製品も相談にのります。特に燃費向上のマフラーやインナーサイレンサーについては詳しく研究しております。

Z33にサイレンサーを

フェアレディーZ33に、スーパー・サイレンサーをつけました。

結果は   アイドリング時  62dbから60dbへ

        4500rpm時  94  から86へ   でした。

オーナーの定兼さんは、今までディーラーに車をいれる毎に

色々言われたようですが、これで安心ですね。燃費などの

データーが分かりましたら教えて下さい。  


  • 2012年03月30日 Posted by 寺田 孝 at 19:34Comments(0)

    今年も花粉症の季節が

    寒かった冬も、ようやく終わりを告げて、陽射しも随分と軟らかくなってきました。

    それは又、花粉症の季節の到来でもあります。

    最近になって、お出でいただくお客様の中にもグスン・グスンとしている方も

    多くなってきました。 花粉症の場合は是非レアメタル・メッシュをマスクに

    挟みこんで使用して頂きたいです。 ビックリするほど楽になりますよ。

    詳しい事をお聞きしたい方は、ご遠慮なく、お電話ください。お待ちしています。  


  • 2012年03月28日 Posted by 寺田 孝 at 19:28Comments(0)

    NSXにサイレンサーを

    神奈川・鎌倉から藤並さんが、お出でになりました。

    車種はホンダ・NSXです。チタン製マフラーでかなりの音量です。

    ディーラーに乗り入れを拒否されたのも、うなずけます。

    早速スーパーサイレンサーを取り付けました。結果は

      アイドリング時   75dbから 70db

      4500rpm時   108dbから 92db でした

    また、走った感じで低回転からトルクが出るようになったので

    走りが非常にスムーズになったと喜んでいただきました。

    まだチタン特有の共振が出ているので、そのうちに

    グラス・バンテージを巻いたほうが良いですね。  


  • 2012年03月23日 Posted by 寺田 孝 at 19:58Comments(0)

    サイレンサーがつかない?

    東京・板橋の田中さんが8年振りに走ってきてくれました。

    マフラーを替えたので、又インナーサイレンサーを作って欲しいとの事で

    早速テール部分を見てみると、アリャ・ムッムッムッ。

    テールパイプがラッパ状に開いている。それだけではない、そのテールパイプ

    の外側にカバーのパイプが設置してある。どの部分に、どうやって固定する???

    田中さんも、あきらめかけたその時、ピーンとアイデアが。

    大丈夫、任せて下さい。忘れないうちに10分で図面作成。今週中に製作して

    送ります。田中さん、楽しみに待っていてください。  


  • 2012年03月20日 Posted by 寺田 孝 at 19:17Comments(0)

    幻の歌人

    明治から大正にかけて、東北の文学史上に度々名前の出てくる

    寺田石華が、本名が何と言う人なのか殆ど知られていませんでした。

    この所、色々な文献を調べたり、寺田家の家系図を見たり、青森県の

    古老・文人に聞いたりして、ようやく寺田家の先祖である、

    寺田太七郎であると判明しました。春になって雪が溶けた頃に

    青森に帰って、本家の蔵の中などを探したら作品など出てきそうです。

    作品集として発表し、後世に伝えられれば良いのですが。

    今から楽しみにしています。  


  • 2012年03月15日 Posted by 寺田 孝 at 20:06Comments(0)

    震災の瓦礫処理は

    東日本震災により発生した、大量の瓦礫処理が一向に進みません。

    とりわけ、基準値超のセシュウムを含む焼却灰の行き場が無くなっています。

    これが進まないと、被災地の復興も進まないのです。 放射性物質に対しての

    怖さもあるので、各自治体住民の反対も解らないではないのですが。

    ヨーロッパ各国では、ずいぶん前から放射性物質を含む廃棄物処理は、炭鉱跡・

    廃鉱山の坑道を利用しています。

    日本でも、相当な数があるはずなのですが、政治家やマスコミを含めてまったく

    そういう声が上がらないのは不思議です。

    「絆」だの「がんばろう日本」だの、掛け声だけでは、被災地の復興はいつまで

    たっても実現しません。 この国の政治家・役人の無能さは十分分かっていますが

    せめて、これくらいの知恵は出して欲しいですね。  


  • 2012年03月02日 Posted by 寺田 孝 at 19:53Comments(0)