たまりば

  車・バイク・乗り物 車・バイク・乗り物  羽村市 羽村市

マフラーのEST(オフィシャルサイト)
ESTは自動車工学・材料・機械工学の最先端を行くメーカーです。あなたの愛車だけの特注製品も相談にのります。特に燃費向上のマフラーやインナーサイレンサーについては詳しく研究しております。

あった昭和61年の十円玉

2・3か月ほど前でしょうか、Т・Vの鑑定団で昭和61年の十円硬貨に高い

値段がついていると言っていたので、時々気がついた時十円硬貨の年号を

見ていましたが、遂に見つけましたよ一枚。確かに屋根の角度が違っています。

皆さんも、早速小銭入れを見てみたらいかがですか。  


  • 2014年04月28日 Posted by 寺田 孝 at 19:12Comments(0)

    燃費向上・最低限必要な知識

    燃費向上には色々な方法があります。 また様々な製品も販売されています。

    しかし、どんなパーツを選んでもアクセルを踏みすぎれば目的を達成することはできません。

    E・S・Tレアメタル・メッシュについても、圧倒的大多数の方からは、驚いた・ありがとうございました。

    などの感想を頂いておりますが、極く稀に取り付けたが燃費が変わらないと言ってくる方がいます。

    燃焼状況が改善され、排気流速が速くなった場合パーシャル・スロットルを意識しないと

    変わらないどころか、逆に燃費が低下する事さえあるのです。 パーツの選択と共に

    最低限の知識を知って置きましょう。  


  • 2014年04月21日 Posted by 寺田 孝 at 19:44Comments(0)

    SТAP論争の茶番

    SТAP論争が、連日のようにマスコミを賑わせています。

    私も長年物造りをしておりますが、全くバカバカしくて聞いておれませんね。

    科学の本質は、徹底した実証の積み重ねなのですが、今回の騒動を見ていると

    理研側もネエちゃんの側も本質から外れた情緒的論争に終始しているのは

    何と言う事でしょう。 多額の税金を使っている事業なのですから、もっと本質に

    戻った、科学者としての振る舞いはできないものでしょうかね。

    それができないとすれば、理由は簡単、双方共に本当の科学者ではないからです。  


  • 2014年04月11日 Posted by 寺田 孝 at 19:26Comments(0)

    給油は10ℓだけ

    私は、普段乗っている軽に給油する時は1回10ℓだけです。 それは、常に軽い状態で

    燃費を稼ぐためです。  レースを走る車で、燃料満タンでスタートする車はまずいません。

    レースに於いては必要最低限の燃料しか入れないのが普通です。

    FⅠや耐久レースを走る車は、大体タンクの半分しか入れません。

    満タンにすると燃料の重さで、コーナーでスピンを起こす危険性がある上に遅くなるからです。

    皆さんも興味のある方は試してみたらいかがですか。 通勤に使う車などでは

    結構バカになりませんよ。  


  • 2014年04月02日 Posted by 寺田 孝 at 18:48Comments(0)